将来に備えましょう|本当に困っている人を助けたいなら介護に関する資格を取得しよう

本当に困っている人を助けたいなら介護に関する資格を取得しよう

将来に備えましょう

医者

専門学校との比較は

医療に関する資格は、将来性を見越した場合に非常に有利な資格です。高齢化社会はより一層進んで行くことが予想され、医療に関する需要は増加することはあっても、減少することは考えにくいからです。医療に関する資格を取得するのであれば、大学への進学が有利です。医療系の専門学校でも取得できる資格がありますが、働き始めてからは賃金をはじめとした待遇や権限の面で大きなデメリットが発生します。また、就職活動の面でも、同じ資格を取得しているのであれば、大学卒の方が有利になることが多いです。医療資格のうち、医師と薬剤師は他の資格と異なり6年間の大学学部での就学が必要になります。これは、国家資格を受験するために条件となっているためです。

代表的な資格として

看護師は医療資格の代表的なものですが、現在では3年間で取得が可能です。しかし、看護学部を有する大学では4年間が必要になります。これは、看護師と併せて助産師や保健師を取得し、将来の仕事の幅を広げるためです。特に、病院勤務であれば助産師資格が、行政勤務であれば保健師資格を持っていると有利です。その他には、臨床検査技師や診療放射線技師など、多くの医療に関する資格があります。これらに共通することは、他の事務職や技術職に比べて賃金が高いことです。専門知識が必要な上に責任が非常に重いため、それに見合った賃金が支払われるのです。それだけを目当てにするのはおすすめできませんが、賃金は働きがいにつながる大切なものです。将来性を考えて、ぜひ大学で医療資格を取得されることをおすすめします。