本当に困っている人を助けたいなら介護に関する資格を取得しよう

リハビリの専門家を目指す

女の人

理学療法士は簡単な日常動作などの反復訓練を通じて患者の運動機能回復を目指す、リハビリテーション専門職です。専門学校等で最低3年間学習したのち、国家試験に合格することで資格が得られます。合格率はおおむね80%前後となっています。

将来に備えましょう

医者

医療に関する資格は、これからさらに進展する高齢化社会に向けて需要が高まっていく資格です。専門学校よりも大学での取得が、将来性を考えた際に望ましいです。医療に関する資格は賃金面でもやりがいのあるもので、ぜひおすすめしたい資格です。

人の役に立ちたい思いを

介護

様々なルートがあります

介護の仕事を行うにあたって必要となる資格があり、2016年現在では大きく3段階のステップがあります。まず、実務経験が何もない人は「介護職員初任者研修」という130時間の研修を受け、修了することが求められます。文字通り「初任者」向けの研修で、以前は「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格です。介護関係の事業所では、介護職員初任者研修修了を最低限の資格要件として位置づけていることが多いです。次に「介護福祉士実務者研修」という450時間の研修があります。これは実務者、つまり現在働いている人を対象としていますが、実務経験がない人でも受講することができます。なお、初任者研修を修了している人は130時間分が免除され、320時間の研修となります。実務者研修を修了すると、訪問介護事業所のサービス提供責任者になることができます。そして国家資格である「介護福祉士」があります。介護福祉士資格は実務経験と研修をベースとするルートや、学校等で受験資格を得る方法など、様々な取得方法があります。

温かい人間性が必要です

介護関係の資格自体は他の福祉関係の資格に比べると比較的取得がしやすいです。しかし資格取得はあくまでスタートラインであり、現場での実務では研修や試験勉強などで知ったこととは全く異なるようなケースに出会うことも少なくありません。介護関係の有資格者に最も求められることの一つとして「人間性」が挙げられます。いくら技術や知識が万全に備わっていたとしても、温かい人間性に基づいたコミュニケーション能力や楽しみを共有しようとする姿勢がない人には不向きといえるでしょう。逆に、技術や知識が少々乏しくても、温かい人間性がある人は自然と実務経験の中で技術や知識を習得していき、やがては高度な専門職へと成長する可能性が高いと考えられます。人の役に立ちたいという思いを仕事にしてみてはいかがでしょうか。

学校で身に着ける技術

男性

整体のスクールを探すには、まず整体に必要な資格と、どの資格があれば有利に就職できるのかを考えると良いでしょう。また、仕事に生かすのではなく家族の健康のためにスクールで学ぶ方もいます。目的に合わせた予算で整体スクールが選択できます。